ツール・ド・おきなわ2010 初参加感想〜二日目〜

ツール・ド・おきなわ2010 初参加感想〜初日〜の続き。

 二日目、朝食のバイキングで片っ端から食べ物を胃袋に詰めて140km完走するべくエネルギーを蓄える。けれども前日のタイヤトラブルが未だ解決していなく、ご飯食べて出す物出してから手間取ってしまい、15分遅れのスタート。もう誰もいなくて心細しだった前半戦は沖縄南部を一周します。

 最初の到着地点で何とか集団に追いつく。そこで何とツール・ド・おきなわ前日に世富慶のバス停で合った雑誌取材者の方と再開。途中まで引いて下さることに。おういえぁ。

 二日目は前日の大雨はすっかり上がっていたのでペダルを回すのがとっても楽しかったのだよね。景色を見る楽しさ、スピードを感じる爽快感、沿道で応援してくれる女の子に素敵な笑顔で手を振り返す俺、素晴らしいですね。途中、背中にカメラ入れっぱなしだったのでレンズに結露ができて焦る事件があったものの、その他は思いのほか順調。休憩所でやたらDAIGOの決めポーズで写真に映りたがる男の子がいたり、お昼のソーキそばが美味しかったり、たり、たり、たり、、、、レンズ結露で曇っての撮影。

後半はホテル同室だったKさんと頑張ってこいでこいで、そして何と140kmの完走を果たすことができたのでした!!
完走してから1週間後にこのブログ書いているから思いのほか感情がこもっていない!!!のは、仕様です。ご愛嬌です。

R0010336.JPG

すみません、僕の本名が晒されているのも仕様です、消し忘れました。ってことで、ぼく並木って言います、よろしくね!!テヘペロっ♪
で、話戻しまして完走賞を貰った後はKさんのレンタカーに乗せてもらって那覇空港!そこでサイクルスポーツの取材で来られたお兄さんとも遭遇し、離陸まで飲んだくれ。

 飛行機に座るや否や爆睡し、気付けば成田空港へ到着していたというワープな体験。離発着の振動でも全く目が覚めなかったようだ。ということで、いや、本当にしんどいツールドだったけれども、色々な方と知り合えて今年一番の楽しかったイベントでした!!来年も、当然参加したい。

 ・・・誠に遺憾。翌日は左膝を痛め階段を上下するのも苦痛になってしまう。ってことで、左膝窩筋腱炎 (しつかきんけんえん)、全治一週間となりました。南無三。

ツール・ド・おきなわ2010 初参加感想〜初日〜

ツール・ド・おきなわ2010 初参加感想〜前日〜の続き

「人生初めてのレースは人生に一度しかないの。」
「小野田くん、おもいっきり・・・思いっきり楽しんできてね!!」(弱虫ペダル9巻より)

 早朝5時に起床をし高まる胸の鼓動を抑えながら手荷物を預け、スタート地点に赴むく。沢山のロードバイクで溢れ圧倒されるも、これが俺の初大会だというドキドキ感。もう、青春ですね。スタート直後の緊張感は今でも忘れません。

 天気は序盤から雨風がともに強くしんどく体力消耗が著しかったです。そんな疲れに休憩所のサーターアンダギーはとっても美味しかったです。初日は北部をこぐのだけれども山道がとても多いのだよね。そんな山道をこいでいて気付いたこと。

「あれ、俺って平坦より坂道の方が好きなんじゃね?」

 という変態っぷり。事実平坦でどんどん抜かれたのだけれども坂道でどんどん抜き返したきがします。先輩から頂いたキシリウムSLホイールのお陰なのかしら。分からんけど、クライム楽しかった。疲れているからお昼のカレーと豚汁もおいしかったです。

 けれども残念無念、130km地点の下りで後輪がパンクし、チューブ交換をしても直後にまたパンクしで替えのチューブがなくなる。途中でスタッフの車が通り過ぎたので見てもらうと残念ながらタイヤが破裂していることが判明しココで無念のリタイアでした。。。ロードバイクが車に積まれる瞬間は悔しかった。

 で、車乗せてもらったんだけれども今大会、台湾の方が多いということで台湾出身の通訳さんがいたのだよね。もうその方がとても可愛くてまぁ、リタイアも・・・有りだな!!という結論。1時間くらい色々とお話をしておりました。もうあれですね、、、リタイアも・・・・有りだな!!(大切なことなので2回言います)またどっかの大会でお会いしたいです。

 

 実は雨風強過ぎてあまり写真が撮れなかった初日なのだよね、、、ということでサーターアンダギー写真でごまかしてみます。夜は夜で、同室だった子とこれまたビール泡盛コース。やはりお互いの共通点を見つけると仲良くなれるみたいでして、同い年/同じ23区住まい/社会人歴一緒/互いに営業/互いに一人の時間大好き/彼女がいない、ということでめっちゃ楽しい夜でございました。

 初めてのロードバイクの大会、坂道の楽しさに気付き、台湾の子に惚れ、気の合う知り合いができたこの3点に集約されます。人との出会いも楽しみの一つなのだなと感じた初大会です。

 本日ぐだぐだな文章、失礼しました。大会二日目に続きます。

ツール・ド・おきなわ2010 初参加感想〜前日〜

まとめると!

・沖縄の道路を堂々と走れて凄い爽快感だった(但し二日目に限る)けれども、それ以上に同じ趣味を持っている方と多く知り合えたことが嬉しかった!

という、営業トーク。そんな営業トークで大丈夫か? 大丈夫だ、問題ない。嬉しかったのは事実だし。史実だし。
そんなわけで初めてツールドおきなわ参加し、323km本島一周にチャレンジした大会を振り返ります。

●ロードバイクの持ち込みめっちゃ大変。萎え。
 東京から沖縄まで運ぶのですから移動手段に迷いに迷い。結局、バカでかいハードの輪行ケース買ったんですけれども、大き過ぎて空港までの車トランク入れるのに一苦労。せっかくの大きさなので着替えとかヘルメットとか諸々を押し込んでやった。

 で、空港。20kg以上は別料金がかかるんですって。そんなこと知らずにロードバイク以外も沢山つめこんじゃって、ちょっと荷物減らします!と言いたかったんだけれども、ANAお姉さんのANAスマイルに見とれてしまって重量をそのまま測ることに。

 SHI☆KA☆SHI、何ということでしょう!20kgジャストの重さで追加料金を払うことにならず、さらにはANAお姉さんのANAスマイル(苦笑いVer)を拝見することができました。なんかいい事ありそうなできごとだった。

 から〜の〜、沖縄付いてから大変。バスで名護まで移動するのだけれども、トランク広くないから数人分のロードバイクしか詰められないし(運良く乗せられたけど)、バス降りてからホテルまでずっとケース引っ張らなくちゃ行けないしで、初日から腕が痛くなったなう。

 で、このタイミングでツールド沖縄を取材されに来沖されたイケメンなお兄様とお会いしたりしました。大会二日目にお世話になるとはこのとき全く予見しておらず。。。

●名護の切なさをかみしめる
 ホテル到着してせっかくの沖縄なのだから!と、名護散策。ついでに大会のエントリーをしてみます。名護は昔は沖縄の中心だったらしいのだけれども、そのような面影が見えぬ商店街がちょっと切なかったです。切なさ出すためにワザとモノクロで写真撮るなよ、という素敵なツッコミはお断りです。エントリー場は何か、もう人が多くてびっくり!今年4000人参加だって!!

●ソーキそばを求めて30分
 名護で沖縄料理を食べたい!と思うものの殆どが居酒屋で何か違う。ようやく見つけた店名忘れちゃったけれども、そば/うどん!という赤提灯をぶら下げているお店を発見。60歳くらいのお母さんがお一人で営まれているアットホームなお店です。

 で、ソーキを颯爽と完食しさてそろそろ帰ろうと思いきや、同じく沖縄一周に参加されるSさんが入店され、気付けば二人でビールビール、泡盛泡盛で何故23時過ぎ???的な、明日180kmこぐんでしょ??という、素敵な状況。けれども沖縄料理おいしかったし、お互い同じ趣味を持っている人と酒を飲みながら話せたし、お店のお母さんも面白かったしで最高な前夜祭でした。Sさんは自転車のお仕事されているので自転車めっちゃ詳しかったです。

 料理名忘れちゃったんだけれども、とりあえず京都で会得した!という手作りのシメサバが美味しかった。沖縄ちゃうやん。そしてSさんと連絡とってお店のHPとブログを教えて頂きました。そしてブログに祝杯を挙げたお店の名前がしっかりと書かれておりました、「蛸ぽん」というお店です。そうでした、「蛸ぽん」でした。

・お店:http://comrin.net/
・ブログ:http://comrin.exblog.jp/

 という感じで酔っぱらいながら自転車を組み立てて初日に備えるのでした。
     大会初日へつづく、おそらく。きっと。たぶん。

北鎌倉を歩く

 なんということだ!!せっかく撮った写真を誤操作で20枚以上も消去してしまった!!!なぜ、なぜデジカメにはSnapShot機能がないのだ。論理障害にはSnapShotというストレージの世界。

 気を取り直しまして、、、6時の電車に揺られ北鎌倉に行ってきた。蝉の鳴き声、強い日差し、蒼井そら 青い空、緑の木々、そして鎌倉なう!の要素が揃うと今更ながら「あぁ、夏だなぁ」と痛感してしまいます。ロードバイクこいでいる方もいて、コルナゴやらキャノンデールやらジャイアントやらピナレロやらスペシャライズドやら名車を沢山目撃しました。

ルートは北鎌倉駅→円覚寺→東慶寺→浄智寺→明月院→建長寺→鎌倉駅です。円覚寺にいた柴犬可愛かったよ、柴犬。

 えーと、浄智寺のタヌキ像と布袋さんの銅像が印象深かったです(棒読み)もう写真消しちゃったから写真にコメント付ける気力がNothing。

あとあれだ、クモの糸にぶら下がってる蝉の抜け殻みっけた。・・・みっけた(やや大切なことなので2回言ってみます)

えー、下記はその他撮影した写真です。建長寺とかで撮ったのが多いはず。たぶん。
もう文章が投げやりです。

しかし、鎌倉散策はいいものですな、風情があって。思わず鎌倉時代の勉強をしたくなってしまいました。が、鎌倉駅ではワンピース30、31、32巻を買って電車の中で読んでいる。口だけは立派な私です。

COLNAGO CLX 萌え

 そうえいばロードバイクを購入しておりました。COLNAGO CLXです。当初はBH G4を買おうと内金まで払ったのですが、店員の採寸ミスで泣く泣くキャンセル。しかしCOLNAGO CLXを会社の先輩に紹介してもらってそのフレームの格好良さに惚れて即決め。他の店で素晴らしい店員さんと知り合って、ことこまかに詳細詰めてようやく納車に至る。実にロードバイク買いたい!と想うてから5ヶ月の道のり。長過ぎ。

遠くへ行きたい。

2008年 金沢放浪の旅

2008年に行った時の金沢写真があったので貼付けてみるテスト。
今年撮影した金沢の写真の方が上手に撮影されている願いたい。写真撮るの難しい。

たしか2008年は西茶屋町に行ったり富山の方に連れて行っていったり、広範囲な行動をしたような。
以下、写真です。

Continue reading “2008年 金沢放浪の旅”

2010年 金沢リベンジの旅

仕事終わって酒飲んで、その勢いで23:33発の急行「能登」に乗込んで金沢へ向かいました。実に金沢は2年ぶりに訪れる地でして、前回行き損ねた「妙立寺」に絶対行きたい!自転車レンタルして観光名所回りきってやる!用水の写真を撮りまくってやる!という、熱い意気込みの中での出発です。ようは前回のリベンジの旅、というわけです。後輩が21世紀美術館デビューをするという情報が、この意気込みを行動力に変えてくれていたりします。

※今回は写真にコメントを挿入してみました。写真左下にコメント記載しておりますので、併せてそちらも閲覧頂ければ幸いです。

金沢は今年最高の25度くらい(アバウト)らしく、日差しがとっても強かった。そんな中、私は6:37に金沢入りをして9:00まで歩き続けていたのです。ルートとしては金沢駅→尾山神社→金沢城前→21世紀美術館(会館前)→片町経由の金沢駅西口。

駅に戻る前に、金沢城前のベンチにて30分くらい睡眠もしたり。夜行列車は4席独占しても寝づらかったです。で、起床後は西口ニッポンレンタカーにて自転車レンタルです。金沢+自転車の相性は抜群。

自転車を入手して目指すは片町にある金沢109。109の裏から金沢の代表的な風景の一つ、用水路が街の中を流れておりどうしても用水を見たかったのです。用水萌え!であります。

用水を下ると武家屋敷跡がありまして、加賀百万石を感じさせる風景を見ることが出来ます。特に野村庭園は絶大なる癒しスポットですのでぜひ寄りたい場所でございます。

さて、金沢訪問の目的の一つである後輩の美術展。群青アートという名で展示されており、ちとご訪問。受付のおっちゃん、おばちゃんがノリノリでして、”東京”と出身を記帳した瞬間からベラベラとお話してくれる始末。親しみ易さを感じました。また21世紀美術館は結婚式もできるそうでして、Junブライドも噛み締めてきました。

あとは一足早い夏バテを兼六園でし、金沢城公園の木陰でお昼寝をし、妙立寺のカラクリ屋敷に興奮していました。妙立寺、別名「忍者寺」は落とし穴有り、隠し階段有り、隠し部屋あり、で悶える程テンション上がります。

そしてなんと夕飯は後輩のお母様が東山にある素敵な料亭をご予約して下さいまして、金沢料理なるものを堪能することができました。金沢最高です。「そうだ、京都に行こう。」なんて喚いている暇があったら、金沢へ行きなさい。夜行列車を使えば6:37に金沢入りができます。4年後には新幹線が開通するわけですから、皆様ぜひ自転車をレンタルして加賀百万石を堪能して下さい。もう金沢愛してる。

お店の名前と料理の名前、忘れちゃった。無念。お店に後輩の高校の同級生(元、後輩のファン)が勤めていて、デザートサービスしてもらっちゃった。人徳です。

なお、2008年の金沢写真はコチラ

ムクドリの巣作り

 ようやく春らしい暖かな日々が続いております。近所の野良猫もどうやら発情期を迎えた模様です。そして毎年この時期になると、ムクドリが空家の雨戸に巣を作るのですよね。私の部屋の目の前に巣があるため、ボーっとしながらムクドリの私生活を垣間みている最近です。

 恐らく雨戸から常に顔を出しているのが雌で、周りを常に警戒しているのです。そんな雌はもともと旦那さんが決まっていたはずなのですが、今日ここに来て2羽の雄鳥が雌を奪わんばかりとハッスルしております。奪ってなんぼのムクドリ社会、この肉食系且つプロアクティブな動きを垣間みて、恐らく私は彼等から何かを学び取らなくちゃいけないんでしょうけれども、ひとまず家業継ぎたいです。というか、継ぎます。

熊野古道を歩む

 あまりにも暇で急遽、熊野古道へ赴く事にしました。どこのホテルも満室状態であったため、松阪から徒歩20分のマンガ喫茶を宿とするためにひとまず東京を発つ。そして幽遊白書を読み切り、5時20分初の始発で熊野古道の出発点「梅ヶ谷」を目指す。梅ヶ谷からツヅラト峠という熊野古道を歩き、紀伊長島駅へ。途中、熊野川が流れているのだけれども透明度が素晴らしかった。夏とかばちゃばちゃ水遊びで賑わうんでしょうね。

 順調にてくてくと歩き、ツヅラト峠の入り口を見つける。がしかし、あまりにも雑木林がうっそうと茂りココから入るの??と戸惑ってしまう。自然を、熊野古道を、世界遺産をなめていました。本当にアップダウンが激しい獣道で、いかに私の足腰が衰えてしまったのかを痛感させてくれる熊野古道でした。けれども、頑張って頑張って登りきったツヅラト峠の見晴し台から見た紀伊半島は絶景でありました。

 あとはひたすら峠を下り、紀伊長島駅を目指すのみなのです。途中、黒アゲハチョウを見つけて春を感じたり、犬に吠えられて吠え返してみたり、とプータローな散歩を満喫致しました。

 さて、ちょうど紀伊長島駅から新宮行きの電車が来ましたので一気に熊野市へ移動しました。今回はあまりにも唐突な旅でしたので熊野古道を理解しきれておらず、観光ガイドが進めるがままの熊野古道を歩いたのです。そんな熊野市ですが、中高生のマンガクオリティが以外と高くてびっくり。24歳の私ですら人間の絵が描けないというのに。ちなみにマンガはどれも熊野の良さが題材となったマンガが商店街に張られておりました。

 熊野市では「松本峠」ってのに登りました。まつもとさーん。ツヅラト峠と比べると石畳が敷き詰められ、峠も急勾配ではないためファミリーが沢山おりました。松本峠からの景色もきれいでしたが、景色の絶景感は苦労して登ったせいかツヅラト峠の方が素晴らしかったです。松本峠を超えると鬼ケ城跡という、波で浸食された絶壁があったのでココで潮風に当たり青春をしておりました。

 かれこれ7時間くらい歩き続けて、、、熊野古道恐るべし!といった感想です。今度はしっかりと旅館も抑えて新宮まで歩ききりたい所でございます。そんなわけで熊野市の猫写真を貼付けておしまい!