PDFを一発グレースケール変換 Mac ColorSynk ユーティリティ

 仕事でカラーのPDFをグレースケールに変換しなくてはいけなくなった。印刷であれば印刷設定でグレースケールを選択すればいいのだけれども、元データをグレースケールに変換するにはどうすればいいのだろう?

 MacであればColorSynkユーティリティを使用することで簡単にグレースケールへ変更できます。

●方法
1)グレースケールに変換したいPDFを右クリック
2)このアプリケーションで開くColorSynk ユーティリティを選択しPDFを開く
3)左下にあるフィルタGray Toneにし、適用をクリック

以上。ほらね、かんたんでしょ。
(Black & Whiteを適用すればモノクロにもできます。)

●補足
ColorSynkはPDFファイル以外のカラーも調整出来ます。例えば写真も。

20120112-144139.jpg

おいしそうなサーターアンダギーも、、、

20120112-144248.jpg

切なさを感じるサーターアンダギーに変身!!

色を調整したいときにはとっても便利ですね、あんだぎー!

メンターから教わった営業にとって大切な27つのフィードバック

 今回は入社一年目の日報で「メンターから教わった営業にとって大切な27つのフィードバック」を更新します。私は2008年8月から11月まで日報を提出しており、その日報に色々なメンターさん達からフィードバックを頂いていました。本記事はそのフィードバックの一部をまとめたものです(併せて過去の自分に今の自分がツッコミを入れています)。

Continue reading “メンターから教わった営業にとって大切な27つのフィードバック”

ムクドリの巣作り

 ようやく春らしい暖かな日々が続いております。近所の野良猫もどうやら発情期を迎えた模様です。そして毎年この時期になると、ムクドリが空家の雨戸に巣を作るのですよね。私の部屋の目の前に巣があるため、ボーっとしながらムクドリの私生活を垣間みている最近です。

 恐らく雨戸から常に顔を出しているのが雌で、周りを常に警戒しているのです。そんな雌はもともと旦那さんが決まっていたはずなのですが、今日ここに来て2羽の雄鳥が雌を奪わんばかりとハッスルしております。奪ってなんぼのムクドリ社会、この肉食系且つプロアクティブな動きを垣間みて、恐らく私は彼等から何かを学び取らなくちゃいけないんでしょうけれども、ひとまず家業継ぎたいです。というか、継ぎます。

【新型インフルエンザ③】大阪の風景と診療拒否

22日金曜日
お昼過ぎ、熱っぽかったので梅田の病院へ向かう。あいにく体温を計っていなかったので、病院で体温を計らせてもらってから診療をしてもらおうと。だがしかし、その旨を伝えたら体温が分からないと診療はできない、と診療を拒否された。

よくよく話を聞いてみると、当院では38度以上の熱がある方は診療できないとのとこ。つまり、体温を計って38度以上あったら困るから帰っておくれ、ということみたいだった。けちけちしないで、体温くらい計らせてもらいたかった。大きい病院でも、診療を拒否するのね。

気を取り直して阪急近辺の病院へ。こちらは体温を計らせてくれて、その結果は38度ジャスト。この時点でどちらにせよ梅田の病院では診療してもらえないことが判明。

診断の結果、流行りのH1N1型ウイルスではなかった。ウイルスではなく、菌による発熱だそうな。ウイルスと菌は違うみたいだ。唯一ウイルスの可能性があるとしたら、BNウイルスとかいうやつだそうだ。しかしコイツは唾液感染で広まるウイルスなため、ネッチョリとしたDeepなキスをしないと移らないそうな。これぞ濃厚感染か。

【新型インフルエンザ】大阪と東京の風景②

20日 水曜日
新大阪始発の新幹線で東京へ。車内は人が少なかったものだけれども、マスク着用率も低かった。

そして東京。人の多さに圧倒されると同時に、マスク着用率の低さにもびっくり。この密集率(とくに新宿)を目の当たりにして、感染者が東京でも出たら大阪以上に広がるのでは??とほんわかと妄想。東京の本社でもマスク着用者はゼロに近かった。

21日 木曜日
東京でも感染者が発生。ちらほらとマスクを着用される人が増えてきた感じ。やはり感染者が出れば違うのか。社内でもマスクを着用して出社される方がいらっしゃった。

東京のお客さん先に訪問したところ、大阪では鉄板ネタのインフルエンザの話題がいまいち盛り上がらず。やはり、インフルエンザネタの猛威は、インフルエンザが猛威しているところでないと、振るわないのか。

そして大阪に戻る。マスク率の多さを見てなぜか安堵感。私もマスクは着用中です。