Shinjuku-Gyoen, Cherry blossom season has come

In 24th March, Cherry blossom (Sakura) has reached full bloom in Tokyo. It was 2weeks earlier than usual.

Shinjuku-Gyoen, one of the largest park in Tokyo, was full of visitor who enjoyed cherry-blossom viewing.

Some cherry blossoms bloom lower than other park so you can take a good picture.

If you go there, I strongly recommend that you should enter from Sendagaya Gete.

環境省_Acces Mapより
環境省_Acces Mapより

Most people use Shinjuku Gate so it is very crowded like following picture. When I used Sendagaya Gate, I only waited 5 minutes to buy a ticket.

Let’s enjoy Cherry blossom season!

Sensoji (Asakusa), Cherry Blossoms Bloom.

Sensoji, one of the most popular temple in Tokyo, is crowded despite weekdays.It is famous for its large red lantern. It shows “雷門(Kaminarimon)”. How many tourists would ask me for taking their picture if I were stand at the gate? …5 couples was asked me!

It also has the most popular Japanese tree, cherry blossoms. Tokyo is warmer than usual this year so I found it has already bloomed!! If you go to Sensoji, please enjoy not only a lantern but also cherry blossoms.

ロードバイクで萩の歴史に触れてきたんだけど藍場川のカニがかわいかった件

中国地方(主に島根)の旅行はロードバイクと電車のハイブリット旅行。
三日目は石見銀山と萩を目的地とする。

< 参考>

一日目:寝台列車・サンライズ出雲に乗って出雲へ向かう

二日目:出雲大社の注連縄(しめなわ)をどうすれば美しく撮影できるのか悩んできた

三日目:ロードバイクで石見銀山を目指したんだけど坑道よりもカエルで遊ぶ猫が印象的だった件

Continue reading “ロードバイクで萩の歴史に触れてきたんだけど藍場川のカニがかわいかった件”

ロードバイクで石見銀山を目指したんだけど坑道よりもカエルで遊ぶ猫が印象的だった件

中国地方(主に島根)の旅行はロードバイクと電車のハイブリット旅行。
三日目は石見銀山と萩を目的地とする。

< 参考>

一日目:寝台列車・サンライズ出雲に乗って出雲へ向かう

二日目:出雲大社の注連縄(しめなわ)をどうすれば美しく撮影できるのか悩んできた

Continue reading “ロードバイクで石見銀山を目指したんだけど坑道よりもカエルで遊ぶ猫が印象的だった件”

PDFを一発グレースケール変換 Mac ColorSynk ユーティリティ

 仕事でカラーのPDFをグレースケールに変換しなくてはいけなくなった。印刷であれば印刷設定でグレースケールを選択すればいいのだけれども、元データをグレースケールに変換するにはどうすればいいのだろう?

 MacであればColorSynkユーティリティを使用することで簡単にグレースケールへ変更できます。

●方法
1)グレースケールに変換したいPDFを右クリック
2)このアプリケーションで開くColorSynk ユーティリティを選択しPDFを開く
3)左下にあるフィルタGray Toneにし、適用をクリック

以上。ほらね、かんたんでしょ。
(Black & Whiteを適用すればモノクロにもできます。)

●補足
ColorSynkはPDFファイル以外のカラーも調整出来ます。例えば写真も。

20120112-144139.jpg

おいしそうなサーターアンダギーも、、、

20120112-144248.jpg

切なさを感じるサーターアンダギーに変身!!

色を調整したいときにはとっても便利ですね、あんだぎー!

ツール・ド・おきなわ2010 初参加感想〜初日〜

ツール・ド・おきなわ2010 初参加感想〜前日〜の続き

「人生初めてのレースは人生に一度しかないの。」
「小野田くん、おもいっきり・・・思いっきり楽しんできてね!!」(弱虫ペダル9巻より)

 早朝5時に起床をし高まる胸の鼓動を抑えながら手荷物を預け、スタート地点に赴むく。沢山のロードバイクで溢れ圧倒されるも、これが俺の初大会だというドキドキ感。もう、青春ですね。スタート直後の緊張感は今でも忘れません。

 天気は序盤から雨風がともに強くしんどく体力消耗が著しかったです。そんな疲れに休憩所のサーターアンダギーはとっても美味しかったです。初日は北部をこぐのだけれども山道がとても多いのだよね。そんな山道をこいでいて気付いたこと。

「あれ、俺って平坦より坂道の方が好きなんじゃね?」

 という変態っぷり。事実平坦でどんどん抜かれたのだけれども坂道でどんどん抜き返したきがします。先輩から頂いたキシリウムSLホイールのお陰なのかしら。分からんけど、クライム楽しかった。疲れているからお昼のカレーと豚汁もおいしかったです。

 けれども残念無念、130km地点の下りで後輪がパンクし、チューブ交換をしても直後にまたパンクしで替えのチューブがなくなる。途中でスタッフの車が通り過ぎたので見てもらうと残念ながらタイヤが破裂していることが判明しココで無念のリタイアでした。。。ロードバイクが車に積まれる瞬間は悔しかった。

 で、車乗せてもらったんだけれども今大会、台湾の方が多いということで台湾出身の通訳さんがいたのだよね。もうその方がとても可愛くてまぁ、リタイアも・・・有りだな!!という結論。1時間くらい色々とお話をしておりました。もうあれですね、、、リタイアも・・・・有りだな!!(大切なことなので2回言います)またどっかの大会でお会いしたいです。

 

 実は雨風強過ぎてあまり写真が撮れなかった初日なのだよね、、、ということでサーターアンダギー写真でごまかしてみます。夜は夜で、同室だった子とこれまたビール泡盛コース。やはりお互いの共通点を見つけると仲良くなれるみたいでして、同い年/同じ23区住まい/社会人歴一緒/互いに営業/互いに一人の時間大好き/彼女がいない、ということでめっちゃ楽しい夜でございました。

 初めてのロードバイクの大会、坂道の楽しさに気付き、台湾の子に惚れ、気の合う知り合いができたこの3点に集約されます。人との出会いも楽しみの一つなのだなと感じた初大会です。

 本日ぐだぐだな文章、失礼しました。大会二日目に続きます。

北鎌倉を歩く

 なんということだ!!せっかく撮った写真を誤操作で20枚以上も消去してしまった!!!なぜ、なぜデジカメにはSnapShot機能がないのだ。論理障害にはSnapShotというストレージの世界。

 気を取り直しまして、、、6時の電車に揺られ北鎌倉に行ってきた。蝉の鳴き声、強い日差し、蒼井そら 青い空、緑の木々、そして鎌倉なう!の要素が揃うと今更ながら「あぁ、夏だなぁ」と痛感してしまいます。ロードバイクこいでいる方もいて、コルナゴやらキャノンデールやらジャイアントやらピナレロやらスペシャライズドやら名車を沢山目撃しました。

ルートは北鎌倉駅→円覚寺→東慶寺→浄智寺→明月院→建長寺→鎌倉駅です。円覚寺にいた柴犬可愛かったよ、柴犬。

 えーと、浄智寺のタヌキ像と布袋さんの銅像が印象深かったです(棒読み)もう写真消しちゃったから写真にコメント付ける気力がNothing。

あとあれだ、クモの糸にぶら下がってる蝉の抜け殻みっけた。・・・みっけた(やや大切なことなので2回言ってみます)

えー、下記はその他撮影した写真です。建長寺とかで撮ったのが多いはず。たぶん。
もう文章が投げやりです。

しかし、鎌倉散策はいいものですな、風情があって。思わず鎌倉時代の勉強をしたくなってしまいました。が、鎌倉駅ではワンピース30、31、32巻を買って電車の中で読んでいる。口だけは立派な私です。

COLNAGO CLX 萌え

 そうえいばロードバイクを購入しておりました。COLNAGO CLXです。当初はBH G4を買おうと内金まで払ったのですが、店員の採寸ミスで泣く泣くキャンセル。しかしCOLNAGO CLXを会社の先輩に紹介してもらってそのフレームの格好良さに惚れて即決め。他の店で素晴らしい店員さんと知り合って、ことこまかに詳細詰めてようやく納車に至る。実にロードバイク買いたい!と想うてから5ヶ月の道のり。長過ぎ。

遠くへ行きたい。