「夜は短し歩けよ乙女」の舞台を歩く

 先日、森見登美彦の「夜は短し歩けよ乙女」を読みまして。一章からストーリーにぐいぐい引き寄せられまして、読み終わった瞬間、「木屋町に行かねばならぬ」的なよく分からない衝動を覚えたわけです。思い返せば私の旅行はいつも直前のノリで決行されてましたっけ。

と、いうことで京都は木屋町へ行ってきた!

Continue reading “「夜は短し歩けよ乙女」の舞台を歩く”