出雲大社の注連縄(しめなわ)をどうすれば美しく撮影できるのか悩んできた

国内最大級と言われる出雲大社神楽殿の注連縄(しめなわ)を見てきました。

出雲大社のしめ縄は重さ4.4トン、水田約1.5ヘクタールの稲わらが使われているそうです。まったくイメージが湧かないのですが、とりあえず凄いことだけは分かります。
参考:重さ4・4トンしめ縄新調 国内最大級、出雲大社神楽殿 島根

しかも今年の7/9に新調されたしめ縄らしく、これは美しく撮影せねばならぬ!
そんな意識に狩られNIKON 35mmレンズを持参し、

「どうすれば美しくしめ縄を撮影できるのか」

というイシューを胸に秘め出雲大社を訪れました。
以下が”ミス・しめ縄”のエントリーです。
※写真クリックで拡大されます!

・・・すごく、大きいです。。。

そんな所感でございます。

個人的には”その10”の写真が好き。
観光客との対比でしめ縄の大きさが伝わってくるし。

みなさまも美しいしめ縄の撮影方法を研究してみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *