ロードバイクで石見銀山を目指したんだけど坑道よりもカエルで遊ぶ猫が印象的だった件

中国地方(主に島根)の旅行はロードバイクと電車のハイブリット旅行。
三日目は石見銀山と萩を目的地とする。

< 参考>

一日目:寝台列車・サンライズ出雲に乗って出雲へ向かう

二日目:出雲大社の注連縄(しめなわ)をどうすれば美しく撮影できるのか悩んできた

朝6:00に松江を出発し電車に乗ること約1時間半、太田市駅に到着する。
太田市駅からは愛車のCOLNAGOで石見銀山を目指す。
道のりはこんな感じ。


大きな地図で見る

なお、石見銀山ゆきのバスも出ていますが一時間に1本程度の割合なのでバスで行かれる際は事前に時刻表をチェックしてください。

約12kmの距離ですが往路は上り坂中心であるため1時間半くらいペダルを踏み続けました。石見銀山といえば坑道が有名ですが私はカエルで遊ぶ石見銀山猫が印象的でありました。

その写真をご覧頂こう。

・・・たくましい。

ちなみに石見銀山の町並みやらは以下な感じ。
落ち着く雰囲気のよい場所でした。

帰りは下り坂だったので20分程度で大田市駅に戻ることができたのですが到着と同タイミングで益田ゆきの電車が出発してしまう。まさか次の電車まで2時間待つとは。。。

てへぺろ!(やけくそ)


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *