熊野古道を歩む

 あまりにも暇で急遽、熊野古道へ赴く事にしました。どこのホテルも満室状態であったため、松阪から徒歩20分のマンガ喫茶を宿とするためにひとまず東京を発つ。そして幽遊白書を読み切り、5時20分初の始発で熊野古道の出発点「梅ヶ谷」を目指す。梅ヶ谷からツヅラト峠という熊野古道を歩き、紀伊長島駅へ。途中、熊野川が流れているのだけれども透明度が素晴らしかった。夏とかばちゃばちゃ水遊びで賑わうんでしょうね。

 順調にてくてくと歩き、ツヅラト峠の入り口を見つける。がしかし、あまりにも雑木林がうっそうと茂りココから入るの??と戸惑ってしまう。自然を、熊野古道を、世界遺産をなめていました。本当にアップダウンが激しい獣道で、いかに私の足腰が衰えてしまったのかを痛感させてくれる熊野古道でした。けれども、頑張って頑張って登りきったツヅラト峠の見晴し台から見た紀伊半島は絶景でありました。

 あとはひたすら峠を下り、紀伊長島駅を目指すのみなのです。途中、黒アゲハチョウを見つけて春を感じたり、犬に吠えられて吠え返してみたり、とプータローな散歩を満喫致しました。

 さて、ちょうど紀伊長島駅から新宮行きの電車が来ましたので一気に熊野市へ移動しました。今回はあまりにも唐突な旅でしたので熊野古道を理解しきれておらず、観光ガイドが進めるがままの熊野古道を歩いたのです。そんな熊野市ですが、中高生のマンガクオリティが以外と高くてびっくり。24歳の私ですら人間の絵が描けないというのに。ちなみにマンガはどれも熊野の良さが題材となったマンガが商店街に張られておりました。

 熊野市では「松本峠」ってのに登りました。まつもとさーん。ツヅラト峠と比べると石畳が敷き詰められ、峠も急勾配ではないためファミリーが沢山おりました。松本峠からの景色もきれいでしたが、景色の絶景感は苦労して登ったせいかツヅラト峠の方が素晴らしかったです。松本峠を超えると鬼ケ城跡という、波で浸食された絶壁があったのでココで潮風に当たり青春をしておりました。

 かれこれ7時間くらい歩き続けて、、、熊野古道恐るべし!といった感想です。今度はしっかりと旅館も抑えて新宮まで歩ききりたい所でございます。そんなわけで熊野市の猫写真を貼付けておしまい!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *